話題のチアシード。効果的に取り入れてますか?

チアシードとは

チアシードとは、メキシコなど中南米を原産地とするシソ科の植物「チア」の種子です。

チアシードには、健康を維持するために必要な、たくさんの栄養が含まれており、近代人に充足されていない栄養も様々盛り込まれています。

大きさは、2mm程度でゴマよりも小さな粒で水などの液体に入れると10倍以上に膨らんで、種の周りが透明のゼリー状になるという大きな特徴があります。

そのゼリー状のものは、コンニャクなどに多く含まれる、水溶性食物繊維のグルコマンナンで、腸内環境を改善して便秘解消を助けてくれます。

チアシードの種類を知ろう

一言でチアシードと言っても、表面が黒いもの、白いものと2種類あります。

基本的にチアシードは黒く、その中に一部白い粒が混じっていますが、ホワイトチアシードは、その白い粒が多く採れるよう品種改良されたものです。
ブラックチアシードに比べ、オメガ脂肪酸が多く、水分を含んだときの膨張率も1.4倍あります。

そのため、高い栄養価を求めたり、ダイエットを目的とする場合は、ホワイトチアシードがおすすめです。

それぞれ内包している成分が異なっているので、目的を考慮してセレクトしましょう。

チアシードダイエットのメリット

チアシードは食物繊維やオメガ脂肪酸ばかりでなく、カルシウム、マグネシウム、鉄分、タンパク質などが豊かなこともあってスーパーフードと呼ばれています。

ダイエットだけに限らず、栄養が豊富な事から美肌であるとか美髪、そしてアンチエイジングなどの目的にもチアシードは利用されているわけです。

チアシードを食べるタイミング

チアシードのダイエット効果を実感するには、食べ方がとても重要です。

チアシードを摂取するベストなタイミングを提案しますので、是非、試してください。

※チアシードの摂取はは一日一度にしましょう
 詳しくわ後述します

チアシードを朝食べる

まずチアシードを摂取するおすすめなタイミングとして朝。

しっかり水に浸して充分に膨らませたチアシードを使ったスムージーや、はちみつとチアシード入りのヨーグルトなどを食事と置き換えてみましょう。

私は野菜ジュースやトマトジュースにチアシードを混ぜて飲んでいます。

チアシードを夜食べる

夜チアシードを摂取する場合は、ご飯前がベストなタイミングです。

ごはんの前にチアシードを食べることで、夜の食事量を減らすことが可能。

水で充分に膨らませたチアシードを摂取することで、満足感が得られやすいです。またチアシードが本来持つ食欲を抑えてくれる作用と合わせて、食べ過ぎを防ぐ手助けをしてくれます。

チアシードダイエットの注意点

チアシードを食べる量は基本的に1日大さじ1杯です。

チアシードは種なだけあって意外と高カロリーです。たくさん食べているとチアシードのメリットを受ける前にカロリーの摂りすぎで太ってしまう可能性もあります。

たった大さじ1杯ではありますが、水でしっかりふやかして量を多くした上で1日に何回かに分けて食べるようにしていきましょう。

食事の前に充分に吸水したチアシードを摂ることで、満腹感が得られ、それによって摂取するカロリーの量を減らすことができます。

まとめ

・チアシードダイエットは摂取するタイミングで効果大
・チアシードは食べすぎに注意
・続けることが大事

おすすめの記事